フール・ムーン

  • フールムーン
  • フールムーン
  • フールムーン
  • フールムーン
  • フールムーン
  • フールムーン

フールムーン

フールムーン

今、アーユルヴェーダに魅せられ本格的に知りたい、学びたいと お考えの貴方に・・・ アーユルヴェーダは世界最古の伝承医学と云われており、その起源は神話にたとえられて語られるほどとても神秘的で謎めいています。アーユルヴェーダの基礎であるドーシャの考え方も宇宙の真理にふれずしては語れないほどスピリチュアルな考え方です。また、現地のドクター達も神や自然を崇拝し自らのインスピレーションと豊富な知識を駆使し治療にあたっています。アーユルヴェーダを施術するにあたって自らのスピリチュアル性を開花させる事は、今の時代とても必要になってきています。そんなスピリチュアルな感覚・考え方を身につけながら学んでいくスクールです。

フールムーン

フールムーン

フールムーン

フールムーン

■宇宙創造のプロセス

アーユルヴェーダで語られる宇宙創造のプロセスから万物の創造の法則を紐解く

■5大要素(空・風・火・地・水)

5大要素があらゆる実在の基礎であることを知り、私たちの感情の有り様を観る (感情が私たちの人生の鍵である故)

■トリドーシャ(ヴァータ・ピッタ・カパ)

それぞれの個性を知ることが、人生を活かすことに繋がる

フールムーン

フールムーン

フールムーン

■トリドーシャ分類法

身体的特徴から観る分類と精神的特徴から観る分類

フールムーン

フールムーン

フールムーン

フールムーン

薬草オイルを全身に塗布する場合の手順を学ぶ。
施術者の意識が施術そのものの効果を左右する故、トリートメントの意味を知り、エネルギーの流れを感じながら行う方法を学ぶ

フールムーン

フールムーン

栄養眼浴法「ギー」を用いた手法で、アーユルヴェーダの不思議を体験

フールムーン

フールムーン

インドから取り寄せたハーブで薬草オイルを作る方法を学ぶ

※講座、実技内容は前後する場合がございます。

フールムーンフールムーンフールムーン

フールムーン

アーユルヴェーダ基礎講座感想 K様

アーユルベーダは、サロンで1度マッサージをして頂いただけ、という知識と呼べるものは何もない状態からのスタートでした。
そんな私がスクールに興味を持ったのは、以前施術を受けた際の体質診断の問診に基づいて出して頂いたオイル。とても心地よく肌に馴染み、長い間、お肌しっとり〜というとても嬉しい経験をしたからでした。私は敏感肌で日頃、自分の肌に合うものを見つけるのが難しいのですが、どうして体質診断で肌に合うオイルがわかるのだろう・・・。しかも問診が体に関する事だけではなく、性格的なものにまで及んでいる事を更に不思議に感じました。そしてそのメカニズムに触れてみたいと思い、今回スクールが開催されることを知り、受講を決めました。
講義では基礎知識から精神面と肉体面の繋がり、体質別の生活習慣や食生活の見直し方、おまけ(?)で先生のすべらない話等々魅力満載でもう1度受け直してみたい、と思えるほどです!実習は実際の手順を他の受講生の方々とアドバイスし合いながらどこをどうすれば良いのか実際に肌で感じることが出来、とても勉強になりました。
そして受講させて頂く、きっかけになったPHULMOON特製オイルの作り方も丁寧に教えて頂き、大満足でした!ありがとうございました!
習って終わり、でなくアーユルベーダを生活に取り入れ健康美目指して頑張ります!

アーユルヴェーダ基礎講座感想 O様

アーユルヴェーダーが思っていた以上に、奥が深く、びっくりしました。スピリチュアルにすごく関連していて、気付きをいっぱい与えていただける道具にはすごくぴったりだと感じ、感動しました。スピリチュアルのお話が、すごくわかりやすくて、より一層、私の選択は間違いではないことに、確信が、もてて、本当によかったです。ありがとうございました。これからたくさんの癒しと気付きを与えられように、精一杯、やっていきたいと思います。今後とも、よろしくお願いします。

インドツアー感想 Y様

私は、自分のアーユルヴェーダのサロンを持ちたいという思いから、本場のインドのアーユルヴェーダを体験したいと参加しました。
インドのアーユルヴェーダがどういうものなのか、実際に見て、感じてみたいと思いました。
 私には二人の小学生の子供がいるのですが、いざインドへ行くとなると正直、家の事、置いていく子供たちの事、新学期も始まるし・・・。
まして、海外に行ったことが無く、飛行機の乗り方も知らんのに、どうやって行けるやろ・・・と、私にとっては大きな決断でした。
 でも、国府さんの助けもあり、子供たちも安心して預けられる状況が整い、心おきなく出発できる予定でした。前日までは・・・。
 
 インドへ出発する前日、最近眼の調子が悪く、ずっと眼が充血している状態が続いていたので、眼科を受診することにしました。
すると、原因不明の病気で眼に症状が現れているという状態でした。眼圧が非常に高く、進行すれば失明の可能性もあると医者に言われ、
インド行きも延期するようにと言われてしまいました。
 でも、もしどちらにしろ失明するのであれば、美しいインドを見てみたいと強く思い、医者の言うことも聞かず、結局出発するに至りました。
 出発したのはいいのですが、やはり不安と恐怖はありました。何より自分は健康だと思っていたのに、信じられない。こんなになるまで気づく事ができなかったのは何故だろうと・・・。

 インドに到着し、翌日からドクターのところでアーユルヴェーダスクールが始まりました。
 ドクターはお年を召されているのですが、チャーミングでとても優しい方でした。
 トリートメントについての第一印象は、私が日本で経験していた一般的な手技中心のトリートメントとは違い、インドのアーユルヴェーダは細かいことにはこだわらず
臨機応変、自由だ〜って感じでした。でも、クライアントのドーシャ(体質)や、今の状態、何がバランスを崩す原因を作り出しているのか、今何が必要か、ということを的確に把握し、瞬時に判断されていました。

 体に出来た小さな湿疹から大きな病気まで、肉体疲労や精神的なダメージ、ストレス、思い癖などいろんな原因となり、体に症状として現れてきますが、全て自らが作り出したもので、あくまで結果であるということを実感しました。

 いかに自分の気持ちをごまかし、本当の自分を見ないように無視してきてしまっていたのかを思い知りました。
 それを知るきっかけになった一つは、シローダラーを受けている時、亡くなった母の事が思い起こされました。母は6年前に癌で亡くなったのですが、当時、悲しむ暇さえ無く、”もう、死んでしまった人には会えない。もうどうすることもできない”と自分に言い聞かせ、我慢してしまっていた気持ちが溢れ出し、
自分の部屋に戻ってから”さみしい。母に会いたい”という気持ちで一杯になり、しばらく涙が止まりませんでした。

 自分の気持ちを真っ直ぐに見るということは、嫌な自分や見たくない自分を再確認することにもなり、とてもしんどい。でも、それを怠ると自分では自覚していないのにすごいスピードで病気などの症状として現れてくるんだと怖くなりました。 でもそれすら”私はここよ”と私自身がメッセージを送ってくれてるのかもしれないですね。
 自分を大切にしてあげようという気持ちになったりもしました。

 そのあたりからだったと思いますが、眼の充血が自然に引いていったように思います。インドから帰った次の日に診察日になっていたのですが、
検査の結果、高かった眼圧が正常に戻り、眼の炎症も軽減されているとのことでした。定期的な通院が必要らしいですけど・・・。
 おそるべしっっ!アーユルヴェーダ!!

 アーユルヴェーダと聞くと、まず第一にリラクゼーション。それはもちろんですが、大きな気づきへと導かれていく大変奥の深いツールですね。
 それはもちろん、PHULMOONでも体験できますが、インドでは、インド独特のエネルギーや磁場、インドの人々の意識などによって解放や気づきが加速するように感じました。 

気づきは神様からのGiftですから・・・(国府さん曰く)  私も同感です。

 興味がある方や、機会があるかたにはぜひ行ってみて感じていただきたいです。
 プライベートでもいろんなところに行かせていただきましたが、私はインドの海が大好きです。ほどんど波の荒い状態でしたが、海を見ていると本当に自分が洗い流されていく感じがあって、私にはまさに”マザー・ガイヤ” ”マザー・アース” 母なる大地。私たちの愛する地球、美しい青い星、 を存分に感じることができました。


 日本では何もかもお膳立てられて、だいたい何をするにも受け身であり、大変進化していて便利だと痛感させられました。
 インドでは、食事にしろ、宿泊施設にしろ、買い物、トイレにいたるまで、全く違う習慣や環境です。
 ”こんなんアリ〜!?” っていうのは日常茶飯事で、でも帰る頃には小さな事には気にせず、”まっ、いっか〜、何とかなるやろ〜”みたいな
自分になっているので、結構おもしろい!

 当たり前ですが、インドでの体験は インドにしかありませんから!

 私は英語もろくに話せないので、相手の言いたいことや、逆に自分の気持ちをどう表現し伝えるかということにもどかしさを感じましたが、人種が違えど所詮人間、肝心なのは \\\"Feel\\\" と \\\"Love\\\" 。
 相手の事を知りたい、理解したいと心を沿わせれば、多少の誤解はあれど必ず通じると思っています。
 何事も結果がどうあれ、チャレンジしようと行動を起こすことが一番大事ですよね。そこからがやっとスタートになるわけですから・・・。 

絶対、また行きます!  またスクール参加させてくださいね。

長くなってしまいました・・・。すみません。まだまだ書き足りないぐらいです。
わたしにとって、今回のインドでの経験は、わたしの人生の中の重要なターニングポイントであり、最高の宝物になりました。
国府さん、Anjum、リーさん、加藤さん、私の家族、そして、別れてもなお、サポートしてくれている元ダンナとその家族。
沢山の人たちに支えてもらって存在していることに、本当に感謝です。 ありがとうございました。
(現在インドツアーは開催していません)

アーユルヴェーダ基礎講座感想 F様

受講する前は、ドーシャとか、食事とか、本にも書いてある内容を勉強し、あとは手技を覚えるものだと思っていました。

が、一日目の理論の授業から「なんだこれは?!」と思ったのが、一番の印象です。
まず驚いたのが、国府さんのエネルギーです。うまく言葉にできませんが、のけぞってしまうぐらい圧倒されるというか、この人凄いなと・・
国府さん曰く「私は凄くない。気づいていないだけ、活かせていないだけで、皆その力を持っている。」との事ですが、あのエネルギーは、経験と知識と自信からくるものですね。

講義の内容も最初の「宇宙の創造」から、どんどん引き込まれていき、スピリチュアルな話を盛りこんだ内容で、分かりやすく説明していただいて、その中で生きていく上でのヒントというか、メッセージを発信され、自分にとっての気づきもたくさんありました。

実技の授業でも、ただ手技を覚えるのが目的ではなく、全ては感覚なんだと教えていただきました。
例えばクライアントの望む手になるとか、聞くだけでは分かりませんが、実際自分の手の動きが変わったり、自分の中にエネルギーが流れる感覚を実感しました。

アーユルヴェーダ=心身魂の癒しです。
「人様を癒すには、まずは自分が満たされていないといけない。」
今の私には厳しい言葉ですが、背中を押された気がします。
このスクールを通して、私自身の今後のあり方も大きく変わると思いました。

国府さん、スタッフの皆様へ、あっという間に終わってしまいましたが、とても濃いスクールをありがとうございました。
いつかの開業に向けて、まずは私自信が愛に満たされている事が大切なので、今はそちらにフォーカスして、ステップアップしていきます。
これからもお世話になりますが、よろしくお願い致します。

アーユルヴェーダ基礎講座感想 ♪ナンクルナイサ♪佃様

「私はアロマテラピストの活動を始めたばかりの時期に、この講習を受けました。
スリランカのアーユルベーダを体験したことがあったので
個性を出したい・・・程度の気持ちで受講を始めましたが
単にオイルの使い方や手技を覚えるということではなく
神秘的で、スピリチュアルの要素がとても濃く、セラピストとしての考えを
根底から変えてしまうほど、その内容はとてもとても深く、衝撃的でした。
受講中にさまざまな「気づき」があり
セラピストとしての活動だけでなく、私個人の生き方にも大きな影響を受けました。
講習を受けて本当によかったと思っています。
情熱的で、楽しい講習をありがとうございました。」